家族葬での代表者が述べる挨拶文の例文

僧侶に対する例文は不要で感謝がポイント

近親者のみの葬儀では、形式ばった挨拶を不要とするケースもありますが、一般葬と参列者の顔や数にこそ違いがあるだけで、故人を偲ぶ儀式では、喪主という立場に変わりはありません。遺族の代表として、参列する近親者にも伝えるべきことは多々あるため、ある程度の文を考えておく必要もあります。家族葬であっても、通夜・告別式という流れは定着しており、どのタイミングで言葉掛けを必要とするのか、こうした点も念頭に入れておきます。例えば、僧侶を迎える際とお見送りする際、足を運んでいただいた感謝とお勤めの感謝でお見送りをし、お布施を最後に渡します。

故人を偲ぶ気持ちを相手に伝える

家族葬であっても、訃報を知り足を運ぶ会葬者も少なくはなく、この場合には、ご丁寧に恐れいります、こうした文が適した返しになります。葬儀では、出棺時にも喪主による感謝の気持ち、参列して下さった方に対してのお礼の言葉がポイントになります。また、近親者のみであっても、生前には故人も何かしらお世話になっていることもあり、そのことに対するお礼も必要です。通常であれば、死因や、故人の人柄なども盛り込みますが、参列者が近親者のみである家族葬でならば、省くこともマナー違反ではありません。しかしながら、基本的な例文以外にも、故人が急逝した場合や大往生、闘病生活などの死因によって、使える言葉は異なるため、参考書などで例文をチェックしておくことも恥知らずにならない秘訣です。

重ね言葉は避けながらも言葉で伝える

また家族葬ならではのトラブルにありがちなのは、親族代表となるパターンでの言葉選びです。例文としては、本来ならば喪主が挨拶する場面であること、この点を先に述べる必要があります。ショックで体調を崩し、伏せっているために代表しましてご挨拶申し上げます、などの言葉で締めます。また、近親者や会葬者に対して、支えられたこと、故人に代わって恩情に感謝していること、最後には挨拶とさせていただきますと締め括ります。精進落としも同様、葬儀が無事に終えられたこと、今後も変わらず良好な関係でありたい旨を伝えることが大事ですし、重ね言葉を避けることもマナーです。例えば、度々、益々などをはじめ、数字では4や9、亡くなることをイメージさせてしまう言葉は極力省いて文をまとめることもポイントです。形式上必要であるものの、気持ちを込め、礼儀正しく偲ぶ姿であることが何より喪主には必要です。

ピックアップ記事一覧