小規模な葬儀スタイルで安く済ませられる

最近は、従来の大規模な葬儀スタイルに代わって、身内だけの小規模で行うことが特徴となっている家族葬の需要が増えています。その背景には、高齢のため知り合いが少ないというケースが増えていることや、葬儀に対する価値観の変化などがあると言われており、特に都市部では主流の葬儀スタイルになっていると言われています。葬儀を行う際にもっとも気になるのはその費用ですが、葬儀そのものにかかる部分だけを見ると50万円程度が平均的だと言われています。従来の大規模な葬儀スタイルを指す一般葬の場合は100万円程度が平均であるのに比べると、半分程度で済むと言えるでしょう。ただし価格帯には幅があり、10万円台の格安のものから、140万円台という場合まであるため、予算や希望に応じてさまざまな価格帯から選べるようになっていると言えます。

葬儀そのものにかかる部分以外にもお金がかかる

家族葬の葬儀そのものにかかる部分の平均的な費用は50万円程度ですが、それ以外にも必要になるお金もあります。それは飲食接待にかかるお金と、寺院にお布施として渡すお金であり、葬儀そのものにかかる部分と合計すると100万円を超えるのが普通だと言えます。飲食接待にかかるお金は、通夜に出す料理などにかかるものであり、会葬者の人数によって金額が変わってきます。そして寺院にお布施として渡すお金は、宗派などによって相場が変わってきますが、45万円程度というのが一つの目安になると言えるでしょう。

さらに安くする方法や香典収入に関する注意点

家族葬は、平均的に見ても比較的安い費用で済ませることが可能ですが、さらに安くする方法もあります。まず挙げられるのは、飲食接待にかかるお金に関することであり、遺族だけで行うようなごく少人数の場合であれば、通夜に料理を出さないということも可能でしょう。ですので、飲食接待そのものをやめてしまえば、その分のお金はかからないということです。次に挙げられるのは、寺院にお布施として渡すお金であり、無宗教葬にして読経そのものを依頼しなければそのお金は当然必要なくなります。ただし、費用を考える際に注意しておかなければならないこととして、香典収入が少なくなるということが挙げられます。家族葬のような小規模な葬儀では、会葬者が少ない分、香典による収入も少なくなってしまいます。そのため、全体の香典の額によっては、一般葬にかかるお金と変わらなくなる場合もあるため注意が必要です。ですので、予算を考えるときは香典収入があまり期待できないことを想定しておくことも重要になります。

当社は昭和38年9月に設立致しました。 当社はオリジナルの文章で会葬礼状を作成している為それぞれの想いと感謝を込めて言葉を表現していくことが可能です。 ご葬儀のプランとして、一般のプラン・家族葬プラン・会員プランがございます。詳しくはHPをご覧下さい。 ご葬儀のことなら地域から愛され続けている昭和セレモニーへお任せください。 創業から50年。今では年間に約3000件もの実績を誇ります。 大切なご家族だけで見送る家族葬のご相談は昭和セレモニー

ピックアップ記事一覧